青空文庫

青空文庫

ちいさこべ

青空文庫にちいさこべをアップしました。 看板を質入れする場面はどうやら茂次と質屋の久兵衛の思惑がすれ違ってる様子。茂次に悪気はないんだけど勝手に勘違いした久兵衛がちょっと気の毒。
青空文庫

天衣無縫

青空文庫に天衣無縫をアップしました。 しっかり者の新妻と天衣無縫のポンコツ亭主との夫婦漫才。
青空文庫

不良少年とキリスト

青空文庫に不良少年とキリストをアップしました。 坂口安吾による太宰治追悼文。細君とのやりとりが可笑しかった。
青空文庫

二流の人

青空文庫に二流の人をアップしました 安吾版「軍師官兵衛」、ところどころ「独眼竜政宗」あるいは「天地人」。如水、政宗、兼続の三名がいずれも二流呼ばわりで容赦なくって手厳しい。黒田家家臣の井上九郎右衛門、母里太兵衛は出てくるけど善助はど...
青空文庫

ヴェニスに死す

青空文庫にヴェニスに死すをアップロードしました。 初老の小説家が旅先のヴェニスで見かけた美少年をストーカーした挙げ句コレラで亡くなる。題名がほぼネタバレ。作中の不穏さや背徳感がちょっと苦手で、自分ではマンの中でも異色作って位置づけて...
青空文庫

女百貨店

青空文庫に女百貨店をアップロードしました。 朝ドラ「あぐり」でエイスケが書いてた作品。ドラマではこの作品から人気が出て、出版社も手のひら返して褒め始めたけど、プロレタリア文学者の川原くんからは酷評された。男たちを渡り歩くパワフルなキ...
青空文庫

いたずら小僧日記

青空文庫にいたずら小僧日記をアップロードしました。 子供の頃に読んだのはもっと易しい仮名遣いだった。終盤、汽車の旅行でナイアガラの滝に行ってて、アレって思ったけど、アメリカの原作があって、それを翻訳したものだったのか。いたずらと減ら...
青空文庫

ジャン・クリストフ_13

青空文庫にジャン・クリストフ_13をアップロードしました。 後記。昔読んだのは岩波文庫版でなかったので、これを読むのは初めて。綿密に準備してから書き出したことが分かる。これにてジャン・クリストフ完結。お疲れさまでした。
青空文庫

ジャン・クリストフ_12

青空文庫にジャン・クリストフ_12をアップロードしました。 老境に至ったクリストフと彼の死。老境といっても多分五十代だと思う。初読からずいぶん時日が経っているんだけど最期の場面の台詞は強く印象に残っていた。「主よ、汝の僕にたいしてあ...
青空文庫

ジャン・クリストフ_11

青空文庫にジャン・クリストフ_11をアップロードしました。 クリストフ、苦難の季節。自殺を考えるほど追い詰められる。冒頭のバイフの詩が好きで不撓不屈のクリストフにふさわしいと思ってたけど、再読してちょっと印象が変わった。今回...
タイトルとURLをコピーしました