青空文庫をアップロードしました。

カフカの未完の長編。
測量技師として城に呼ばれた主人公が城に入れず、測量もできずに振り回される。

思うように事が運ばないもどかしさとか登場人物の印象が物語が進むにつれて少しずつ変化していくことなんかから、読んでると不確かな感覚に捕らわれる。それでも場面によっては新喜劇のような可笑しさがある。

後半、オルガやビュルゲルの独白やペーピーの思いなんかが改行なしで一気に語られる場面がある。目で読んでるとちょっとしんどいんだけど耳から聴く分にはすんなりと入ってくる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました