ジャン・クリストフ_11

青空文庫にジャン・クリストフ_11をアップロードしました。

クリストフ、苦難の季節。自殺を考えるほど追い詰められる。
冒頭のバイフの詩が好きで不撓不屈のクリストフにふさわしいと思ってたけど、再読してちょっと印象が変わった。今回はクリストフ自身の叫びというよりも、打ちひしがれたクリストフへの作者からのエールって意味合いが強く感じられた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました