ジャン・クリストフ_12

青空文庫にジャン・クリストフ_12をアップロードしました。

老境に至ったクリストフと彼の死。老境といっても多分五十代だと思う。初読からずいぶん時日が経っているんだけど最期の場面の台詞は強く印象に残っていた。
「主よ、汝の僕にたいしてあまりに不満を感じたもうな。わがなせしところははなはだわずかであった。されどわれはそれ以上をなし得なかった……。われは戦い、苦しみ、さ迷い、創造した。われをして汝のやさしき腕の中に息をつかせたまえ。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました