ジャン・クリストフ_01

青空文庫ジャン・クリストフ_01をアップロードしました。


紀田順一郎の世界の書物で読んだエピソードだったと思うけど、「ジャン・クリストフを読んでいる間、彼と共に生きた。こうした出会いは人生に一度だけだから以後読み返したことはない」なんて語った方がいたとか。(ちょっとうろ覚え)


前回、通読したのは学生の頃。幼年時代のエピソードや青春時代の恋愛話は覚えてるけど、後半は自身の人生経験の不足もあり未消化のまま読了してしまって、かの人のように一期一会って言えるほどの読み方はできてない。ほぼ30年ぶりにじっくり読み込んでみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました